女性のためのワキガ対策/脇汗!におわないようにする対策

脇汗!臭わないようにする対策

女性のためのワキガ対策/脇汗!臭わないようにする対策

一年中気になる脇汗!臭わないようにする方法とは

気温が高い夏はもちろん、冬は厚着をしている上に室内は暖房もきいていて、ちょっと動けば脇汗がにじみます。

 

その汗を放っておくと、汗と皮脂が合わさって酸化したり、雑菌が繁殖したりしてニオイが出てきてしまいます。

 

ニオイを防ぐには「汗をかいたらその都度ふく」というのが鉄則ですが、ただふけばいいというわけではありません。

 

汗をふくためのポイントとは

ふくためのアイテムとふき方にもポイントがあるのです。

 

汗をふくアイテムといえば、乾いたハンカチやタオルがまず思い浮かぶでしょう。

 

乾いた布は水分をよく吸いとるので、ニオイもとれるように感じられます。

 

しかし、乾いた布で汗をふきとっていると、ニオイは余計に強くなります。

 

なぜなら乾いた布では、水分はとれても、肝心のニオイ成分はとれないからです。 むしろ汗をふく度に、肌に残ったニオイ成分の濃度が濃くなり、ふけばふくほど体臭も強くなるという悪循環に陥ってしまうのです。

 

この場合、濡らしたタオルやハンカチ、ウェットティッシュなどでふきとるようにします。濡れた布を使うと、汗とニオイ成分のどちらもふきとることができるのです。

 

汗ふきシートを使用する

現在はいろいろな種類の汗ふきシートがあります。

 

とくに、銀イオンが配合されているものは雑菌・減菌に効果があるので、ハンカチを使うよりもこのようなシートを使った方がニオイ対策にも効果的です。

 

なお、汗が出るたびにふきとっていると、汗が皮膚の上で蒸発する機会を失い、体温を下げることができません。

 

すると、発汗刺激がおさまらずに、汗がとまらなくなります。

 

しっとりとしているだけならそのままに、流れるような汗が出てきたときだけ汗を吸い取るように軽くぬぐうといいでしょう。

 

汗ふきシートは一時的な効果

しかし、汗ふきシートでふいても、効果は一時的です。

 

肌をシートでこすることも、ニオイを逆にひどくしてしまう場合もあります。

 

臭わない効果を持続させるには、ワキガの臭いにも、普段の気になるニオイにも万能なワキガ対策商品を使用することがオススメです。