女性のためのワキガ対策/生活習慣を改善してニオイも改善

ニオイを軽減出来る生活習慣!

女性のためのワキガ対策/生活習慣を改善してニオイも改善

 

睡眠不足やストレスで体臭は強くなってしまう!

 

体臭を予防・ 撃退するには、今の生活習慣を見直すこと有効です。

 

たとえば、睡眠不足は基礎代謝を下げ、それによって臓器の働きが低下してニオイ物質の分解能力が落ちます。

 

また、仕事などでたくさんのストレスをかかえると、疲労物質である乳酸が増え、体内環境が酸性に傾きます。

 

すると汗の中にアンモニアが増えて汗や口がにおうようになってしまうのです。

 

基本的に健康によくない習慣は、体臭にもよくないと考えたほうがいいです 。

 

こうした悪習慣は改善して、ニオイを作らない体を目指しましょう。

 

夜は12時までに寝る

よく「○時間睡眠を守れば大丈夫」というような話を聞きますが、体臭対策の面からみれば大事になるのは、睡眠時間よりも就寝時間です。

 

人の脳は、朝起きてから14時間後に睡眠に向けた準備に入ります。

 

たとえば、午前6時に起きたら、午後8時頃から睡眠ホルモンが分泌されることになります。

 

ですから、起床時間に合わせて14時間後に就寝する習慣をつけましょう。体が持つ睡眠時間に合わせて生活すれば、脳や臓器の働きが活発になり、ニオイ物質が発生しにくくなります。

 

とはいえ、大人にとって午後9時や10時に寝るというのは、現実的とはいえませんから、遅くとも夜12時までに寝るようにするのがよいでしょう。

体臭対策に効果的な入浴方法

お風呂は単に体を清潔にするためという以上に、体臭対策に効果的です。

 

入浴は心身をリラックスさせるほか、良い汗をかくための汗腺トレーニングにもなるからです。

女性のためのワキガ対策/生活習慣を改善してニオイも改善

 

さらに積極的に入浴で消臭効果を狙うなら、湯船につかる時に、酢を大さじ3杯程度お湯に入れて酢風呂にするとよいでしょう。

 

酢の作用が体表面についた雑菌を排除し、血行を促進して体を芯からあたためます。

 

穀物酢のニオイが苦手という人は、りんご酢やイチジク酢などのフルーツ酢を使ってみてください。
ツンとせず、甘くてフルーティな香りの湯船になります。

 

この酢風呂は、とくに体が冷えがちで、免疫力が落ちている人にオススメです。

 

次に汗腺トレーニングの方法

  1. 43℃程度の熱めのお湯を湯船の1/3程度はったら、浴槽のフチに腰掛け膝下と肘下を15分ほどつける。
  2.  

  3. 湯船に 水を足して湯温を35℃程度に下げ、たっぷりと全身を湯につける。

 

@は手足の汗腺をきたえ、Aは熱いお湯で優位になっ た交感神経を鎮める効果があります。

 

入浴後はすぐに服を着込まず、自然に汗が引くのを待ちましょう。