女性のためのワキガ対策/汗臭さかワキガかどっち?

汗臭さかワキガかどっち?

女性のためのワキガ対策/汗臭さかワキガかどっち?

なんで脇の下って臭うの?

体の中のニオイで多くの人が気にしている場所といえば、まず「脇の下」のニオイが上げられるでしょう。

 

ニオイの強弱の違いこそあれ、汗をかいたときにニオイが出やすい場所ですし、それを示すよ うに脇の下用のデオドラント商品は数多く売られています。

 

では、なんで脇の下は臭うのでしようか。

 

じつは脇の下は、エクリン汗腺だけでなくアポクリン汗腺も発達しているため、たくさん汗が出ます。

 

女性のためのワキガ対策/汗臭さかワキガかどっち?

 

また、皮脂の分泌も盛んで、タンパク質やアミノ酸、脂質、ミネラルといった細菌(雑菌)の栄養分になる物質もたっぷりあります。

 

汗そのものにほとんどニオイがなくても、これらの物質と結びつき、酸化・分解されることにより、強いニオイが発せられるのです。

 

脇の下にはニオイの発生の条件がそろっている

脇の下は環境的にもニオイの発生しやすい条件がそろっています。

 

脇の下は 胴体と二の腕の裏側に挟まれて汗が蒸発しにくいですし、洋服にも覆われています。

 

そのため高温多湿となって、細菌の繁殖がどんどん進むというわけです。

 

しかも、このように汗がたまりやすく蒸発しづらい場所では、アンモニアや尿素といったニオイ成分までもが凝縮されます。

 

さらに重炭酸イオンが蓄積されて皮膚上がアルカリ性に傾きやすくなります。

 

アルカリ性といえば、悪い働きをする黄色ブドウ球菌たちの好物ですから、いよいよ彼らは活発になって、悪臭をどんどん生み出すことになるのです。

 

汗のニオイとワキガの違いって?

脇の下のニオイには、一般的な汗臭さとは明らかに異なる、すっぱいような、にがいような独特なニオイのものがあります。

 

この強烈なニオイが、ワキガの特徴です。

 

女性のためのワキガ対策/汗臭さかワキガかどっち?

 

ニオイがすると不潔なイメージが持たれがちですが、それは必ずしも正しくはありません。

 

ワキガはアポクリン汗腺の働きが活発なために起こる現象なのです。

 

アポクリン汗腺から出る汗は、エクリン汗腺から出る汗と違い、タンパク質、脂質、 糖質、アンモニア、鉄分などが多く含まれていて、粘性が強く、細菌がつきやすい性質があります。

 

このアポクリン汗腺から出た汗を細菌が分解すると、強い腐敗臭が生まれ、これがワキガのニオイとなります。

 

アポクリン汗腺はすべての人が備えているものですから、誰もがワキガになる要素を持ち合わせています。

 

ワキガになる人とならない人がいるのはなぜ?

 

じつはワキガは遺伝的な要素が強く、アポクリン汗腺がとても活発な人に限られます。

 

体質的には黒人、欧米人、アラブ圏の人々などに多く、日本人には少ないようです。

 

脇の下がにおうと悩む人は、汗臭いだけなのか、本当にワキガ体質なのかを見極める必要があります。

 

今まで1日に何度もお風呂に入り、制汗剤をふきつけてもニオイがとれずに悩んでいた……とい う人は、ワキガ体質である可能性があります。

 

それを見極めるために、次のテストで当てはまる箇所にチェックを入れてみてください。

 

  • 白い服の脇の下が黄色くなる
  •  

  • 耳アカがしつとりしている
  •  

  • 親にワキガ体質の人がいる
  •  

  • 毛深くて、脇から汗がでやすい

これらのチェック項目からは、次のことがわかります。

 

まずアポクリン汗腺から出る汗は、黄みをおびています。

 

つまり、シミができるのは、アポクリン汗腺が発達していることを意味します。

 

耳アカからは、アポクリン汗腺の働きの度合いがわかります。

 

エクリン汗腺は全身に分布していますが、唯一耳の中にはありません。

 

一方のアポクリン汗腺は耳の中にも存在するため、その活動が旺盛だと、耳アカが湿った状態になるのです。

 

さらにワキガは遺伝しますから、両親ともにワキガであれば、かなりの確率で子どもにも受け継がれます。

 

女性のためのワキガ対策/汗臭さかワキガかどっち?

 

チェックリストの4番目からは、アポクリン汗腺の数が多いか少ないかわかります。

 

アポクリン汗腺は毛穴の中にありますから、毛が多いということはアポクリン汗腺の数も多いことを意味します。

 

すべてにチェックがはいった人は、ワキガである可能性が高いです。