女性のためのワキガ対策/毛深い人はワキガになりやすい?

毛深いこととワキガには関係がある

女性のためのワキガ対策/毛深い人はワキガになりやすい?

「毛深い人間はワキガ臭がキツイ!」

 

こうした話をよく耳にします。

 

迷信のようですが、毛深いこととワキガには因果関係があります。

 

アポクリン汗腺は毛根部に開口しているため、毛根部の活性が高い毛深い人は、どうしてもアポクリン汗腺が刺激されることになります。

 

その結果、におい汗が出やすくなるほか、体毛にからまることで皮膚から落ちにくくなります。

 

皮膚の常在菌にとっては絶好の環境になるため、におい汗の分解が進み、ワキガ臭を発生させてしまうのです。

 

男性は性ホルモンの活性が高いと毛深くなるため、そのこともワキガとの関連が裏づけられます。

 

ただ、毛深い人はすべてワキガ持ちということはありませんが、 その可能性は高くなるのです。

 

毛深い原因って?

そもそも毛深い原因ってなんでしょう?
親が毛深い場合は、子供も毛深くなるのでしょうか?

 

毛深くなる一つ目の原因は遺伝

例えば、両親が元々毛深い体質である場合は、子供に遺伝する確率は高くなります。。
先天的な要素、つまり生まれついての原因であるため、これは何をしても防ぐことはできません。

 

毛深くなる二つ目の原因は後天的(外部要因)

ホルモンバランスの乱れ
女性の体は、ホルモンバランスの乱れの影響を受けやすいです。特に女性ホルモンの分泌が減ってしまう時期が「思春期、妊娠期、更年期」です。
この乱れから来る症状として、「生理不順」「強い生理痛」「PMS(月経前症候群)」「自律神経失調症」「肌荒れ・ニキビ」そして「体毛が濃くなる」があります。

 

毎日の食生活
基本的にダイエットは健康的ではありません。
女性ホルモンは体脂肪から作られるため、過度なダイエットにより急激に体脂肪が減ると、女性ホルモンの分泌量が低下します。
また、日常的にコンビニやスーパーのお弁当、ジャンクフードを食べている方も、動物性たんぱく質を多く含む肉や魚ばかり食べていると、男性ホルモンを増やす原因になります。栄養の偏りも、バランスを乱します。

 

ストレス
いつもストレスを受けていると、そのうち自律神経のバランスが乱れ、男性ホルモンが活発に分泌されるようになります。
自分なりの、ストレス発散方法を考えてみましょう。

 

生活習慣
運動不足・寝不足・喫煙は、自律神経を乱す原因となります。
特に喫煙は、女性ホルモンの分泌低下を招く直接的な要因となります。

 

毛深い悩みの解決策

女性のためのワキガ対策/毛深い人はワキガになりやすい?

遺伝的な要因は自分ではどうにもなりませんが、

 

後天的な理由で毛深くなる場合は、

 

生活習慣を見直し、ストレスをなるべく溜めない生活を送っていると、毛深さは改善されていくでしょう。