女性のためのワキガ対策/ワキガに対する欧米人と日本人の違う価値観

ワキガに対する欧米人と日本人の違う価値観

女性のためのワキガ対策/ワキガに対する欧米人と日本人の違う価値観

欧米人にとってワキガは性フェロモンの一種

まず、ワキガについての認識について考えてみましょう。

 

欧米ではワキガは珍しいことではなく、およそ80%もの人がワキガを持っているといわれています。

 

それは数千年にわたる肉食中心の食生活が原因とされていますが、そのことを気にしているようには見えません。

 

それどころか、体臭さえも個人の魅力として少なからずアピールしている風景を欧米ではよく見かけます。

 

これはどういうことでしょうか。

女性のためのワキガ対策/ワキガに対する欧米人と日本人の違う価値観

 

生理活性物質であるフェロモンは、ギリシャ語の「pherein(運ぶ)」と「hormao(刺激する)」を合わせた「pheromone(刺激を運ぶもの)」という造語で性的に発情(興奮)を誘発させる性フェロモンが広く知られています。

 

ワキガは、ワキのアポクリン腺から分泌される汗が原因とされていますが、ワキガが発生するのは第二次性徴が認められる思春期以降であるため、欧米人にとってはワキガも性フェロモンの一種ととらえている風潮があるようです。

 

つまり、性的に熟成していることを異性に知らしめるセックスアピールのアイテムと認識しているということでしょうか。

 

そのため、欧米では香水やオーデコロンは「体臭を消すもの」ではなく、体臭とブレンドさせて、いかに魅力的な匂いを発生させるかに関心を寄せているように感じられます。

 

たとえばムスクの香りはジャコウ鹿の生殖腺から分泌されたもので、性フェロモ ンの効果を期待したものといえるのです。

 

日本人は臭いを発生させない事がマナー

欧米人と比べて、日本人はどうでしょうか。

 

日本人のワキガ発生率は10%から20%で、かなりの欧米人に比べて少ないです。

 

日本の風土は高温多湿のために汗をかきやすく、入浴習慣が定着しています。

 

そのため、毎日お風呂に入ることが一般的で、「1日おき」や「3日ごと」などと言うと、周りから冷ややかな視線が送られたり、相手がドン引きするでしょう。

女性のためのワキガ対策/ワキガに対する欧米人と日本人の違う価値観

 

ところが欧米では毎日の入浴習慣は極めてまれです。

 

このように日本では当たり前のことでも、海外では「非常識」とされることは少なくありません。

 

欧米では気温が高くても湿度が低いため、汗をかきにくい、あるいは汗をかいてもすぐ乾いてしまい、ジメジメとした不快感が続かないという理由もあるようです。

 

それはともかく、日本では「臭いを発生させない」ことがエチケットであり、マナーになっているのではないでしようか。

 

最近では、タバコの臭いや香水のきつい臭いなど、様々な臭いが敬遠されています。

 

欧米人にとって臭いはフェロモンの一種と考えていますが、日本人は臭いに敏感で、「無臭」や「消臭」が大事なのです。