女性のためのワキガ対策/性器のニオイの原因って?

性器のニオイの原因って?

女性のためのワキガ対策/性器のニオイの原因って?

 

性器のニオイに悩む人は多い

男性であれ女性であれ、人には相談しづらい場所ですし、自分自身でニオイをかぐのも難しいため、果たして自分がにおうのかどうか判断できず、一人思い悩んでいるという人が多いです。

 

性器の周囲にはアポクリン汗腺や皮脂腺が密集しています。

 

しかもアンダーヘアが生え、常に下着で覆われているため、ニオイがこもりやすいのです。

 

女性の方がニオイが強い

じつは性器のニオイに悩むのは、圧倒的に女性です。

 

「彼に『ちょっとにおう』 と言われた・・・・」 と悩む女性の方は多いのです。

 

なぜ女性ばかりニオイを気にするのか?

これは、女性器の構造上の問題が多分にあります。

 

外に出ている男性器に対し、女性器は体の奥まった部分にあり、外陰もヒダやク リトリスなど凹凸が多く、複雑な形をしています。

 

しかも、内部ではおりものや血液のほか、さまざまな分泌液が常に出ているため、それらのニオイが混じり合い、独特なニオイを生んでいるのです。

 

また、性器は排泄器に近いため、性器のニオイと排泄物のニオイを混同してしまっていることもあるでしょう。

 

性器のもワキガ(スソワキガ)がある

性器が脇の下のワキガと同じようなニオイを放つ人がいます。

 

これを「スソワキガ」と呼びます。

 

性器のニオイをまとめてスソワキガと呼ぶこともありますがヽ本当の意味のスソワキガは、ワキガと同様、アポクリン汗腺から出る汗が主な原因になっており、体質的なものを言います。

 

スソワキガの場合は、自分でできるケアにも限界があるでしょう。

 

デリケートな場所ですから、恥ずかしいという気持ちもあるでしょうが、今ではスソワキガ対策の商品もありますので悩んでいる方は使用してみて解決することが最善です。

 

スソワキガ対策の商品は、スソワキガでなくても、性器のニオイが気になる方にもオススメです。

 

女性器内は洗ったらダメ

ニオイが気になる、彼に「ちょっと臭う」と言われると、女性器を必要以上に洗ってしまいますよね。

 

でも、女性器の洗いすぎはダメです。

 

腔内にはデーデルライン乳酸菌とい う常在菌がいて、腔内を酸性に整えています。

 

ところが、洗いすぎるとデーデルライン乳酸菌が排除されて腔内が中性化して、雑菌や真菌が繁殖しやすくなり、ニオイの発生につながってしまうのです。

 

外陰部の洗い方

 

女性器を洗う時のポイントは、「外陰部をていねいに洗う」ことです。

 

  1. 外陰部の凹凸は、ちょっと洗うだけでは汚れが落ちません。

    石けんを泡立てて指を使い、ていねいに落とします。

     

  2. とくに大陰唇と小陰唇のあいだにある溝の部分には、皮脂などが固まった恥垢、トイレットペーパーや生理用品の繊維などがたまりやすいので、念入りにクリトリスの包皮に隠れている部分も、広げてしっかり洗いましょう。

 

膣内の洗い方

  1. 外陰部に対し、膣内は、シャワーを当てて少し水圧をかけるだけにします。

    腔内にとって、アルカリ性の高いボディソープはもちろん、石けんも刺激が強すぎます。
    どうしても石けんを使いたいというのなら、刺激の少ないベビーソープをごく少量使うようにしてください。

  2.  

  3. そしてすすぎは、時間をかけてしっかり行ないます。
  4.  

  5. せっかく汚れを浮かせても、すすぎが不十分だと汚れが残ったままになつてしまいます。
  6.  

  7. お風呂から上がってからはすぐに下着をつけず、湯冷めしないよう気をつけながら、性器周辺を乾かします。

 

水分は雑菌のもとなのです。 このように十分なケアがしていてもにおうようなら、ヘアの脱毛も1つの手となります。

 

ヘアも脇毛同様にニオイをこもらせ、拡散させてしまうので、処理することで改善される可能性があります。

 

このような対策と並行して、デリケートゾーンに塗れるニオイ対策商品を使用すれば、対策は万全です。